免許は必要!?トラックドライバーの求人のあれこれ


選ぶなら自分にあった働き方の仕事を

トラックドライバーの求人にはいろいろな雇用形態の求人が存在します。フルタイムの正社員求人と、シフト制で決められた時間のみ働くパートやアルバイト求人のなどもあります。トラックドライバーは人手不足という企業が少なくありませんから、選ぶ時には自分の生活スタイルにあった雇用形態で選ぶようにして、なるべく条件の良い求人を見つけるのが良いでしょう。ハローワークなどで探す方法もありますが、通常の求人サイトに掲載されていることが多いですから、日頃から複数の求人媒体をチェックしておくことが大切です。

どんな免許が必要なのか

トラックを運転するには必ず免許が必要になってきます。軽トラックを運転する仕事ならば普通免許でも運転することが出来ますが、中型以上ならば中型免許や大型免許が必要です。大型でコンテナを牽引するタイプのトラックの場合には、この他にもけん引免許が必要になることもあります。しかしながら免許については募集要項に必ず掲載があるので、自分が持っている免許に合わせて求人探しをすることが可能です。

トラックドライバーの仕事はいろいろ

単にトラックドライバーといってもその仕事のバリエーションはさまざまです。決められた企業や個人などをまわるルート配送の仕事や、宅配や引っ越しのトラックの仕事に、長距離輸送を担当するドライバーの仕事などがあります。長距離輸送の場合には一日中運転をしていることもありますが、法律で定められた休憩時間があるので、しっかりとリフレッシュしながら働けます。

トラックドライバーの求人は年々増加傾向にあり、通信販売の増加による配達員の需要の増加や労働時間の長い長距離ドライバーの不足などが関係しているといわれています。