外資系企業のメリットとデメリットについて


外資系企業にはこのようなメリットが

外資系企業と聞いて多くの人がイメージするのが「一般的な企業よりも給料が高い」ことではないでしょうか。実際に外資系企業に勤めている人も多くの人が給料は一般的な企業と比べるとたくさんもらっていると感じると答えています。外資系企業というのは自国ではないところで運営をしているため立場的には弱いです。しかし競争に勝ち抜かなければ仕事をもらうことができず、企業の維持や成長を図ることができません。厳しい競争を勝ち抜くためには優秀な人材を集める必要があります。そのため外資系企業は一般的な企業よりも給料を高く設定して少しでもたくさん優秀な人材を確保しようとしているのです。

そして外資系企業に勤めることによって得られるメリットとして忘れてはいけないのが「頑張った分しっかり評価してもらえる」という事です。ガイア医系企業というのは基本的に成果主義なので、ほかの人よりも業績が良かった人に対してはとても高く評価してくれます。そのため20代で年収1,000万円を超えているという人も中には居ます。

デメリットもしっかりチェックしておこう

成果主義という事は、言い換えれば毎月の給料が安定しないという事になります。一定以上の成果を上げることができる人は特に問題ありませんが、なかなか結果が出せない人に対しては外資系企業の対応は厳しいです。成果を出す人に対して高待遇ですが、あまり成果が出ない人に対しては時には給料が減額されるようなこともあったりします。そしてノルマが一般的な企業と比べて厳しく、毎月のノルマ達成に苦労している社員も多いです。

外資 IT企業は徹底した成果主義であり、また、移り変わりの早い業界の中で、常にトレンドを掴み、必要なものを見極めていく能力が求められます。