秘書の仕事はどんなことをするの?必要な資格とかはあるの?疑問にお答えします!


秘書の仕事はこんなことをする!

秘書の主な仕事は上司のスケジュール調整などで、その存在は昔も今も重宝されています。具体的などんなスケジュール調整をするのかというと、会議や出張のスケジュール調整に始まり、上司の休暇の前後のスケジュール調整まで多岐にわたります。また、来客が来た時にはお茶出しをするのも秘書の仕事の一つとしてありますし、他社からの訪問アポイントや他社へのアポイント取りも秘書が対応することもあります。細かいスケジュール調整から、ビジネスメールの作成まで秘書が行いますので、テレビなどでイメージする社長の隣に立っているだけというのような仕事とは違い、意外にやることがあります。役員を始め、様々な人とコミュニケーションを取る仕事ですので、一般常識も問われてきます。

秘書になりたい方は資格を取って知識を深めよう!

秘書の仕事は一般常識だけではなくオフィスマナーの知識も必要です。そして、これから秘書になるために欠かせない知識や素養を身に着けたい方は秘書関係の資格取得や検定を受けるのがオススメです。検定の内容も様々で秘書全般に関わる知識、ビジネス文書の知識、サービスや接遇に関する知識、電話対応に関する知識を習得できるものがあります。色々と種類がありますので、例えば電話対応が苦手な方はビジネス電話の知識が身につく検定から受験してみましょう。検定は公益財団法人などが実施していて、取得すると秘書の求人に応募した時に採用されやすくなります。検定はレベルが設定されていて1級から3級までありますので、初めての方は3級から受験して徐々にステップアップをしていきましょう。

秘書の派遣のお仕事は、社会的なマナーや作法を身に着けられるというメリットがあります。職務上、公の場での礼儀作法などが必須となるためです。スキルを伸ばし、派遣秘書のプロを目指してはいかがでしょうか。