医薬分業でますます需要が高まる薬剤師について


医薬品のスペシャリスト!薬剤師とは

薬剤師は病気を持っている患者さんに対しての治療や病気の予防、健康維持などの為に薬を処方します。病気やケガが原因で病院やクリニックで薬を貰ったり、調剤薬局で処方箋を渡して貰います。薬剤師は医薬品に関する様々な知識を持ち合わせており、一人ひとりの症状に合わせて薬を調合するのです。調剤薬局では医師が出した処方箋を元に正しい分量で調合し、医師が指示した処方内容に間違いがないか、量は正しいかなど確認します。医薬分業を行うことで医師と薬剤師が二重チェックを行い、医療ミスを防いでいるのです。患者さんに薬を渡す前にもう一度確認をし、間違いが起こらないような仕組みになっているのです。

薬剤師は調剤薬局だけでなく、病院に勤務する人も居ます。医療機関には数多くの入院患者が居る為、薬の調合だけでなく、点滴や注射液の準備も行います。医師や看護師、栄養士など他の専門家と連携し、話し合いながら適切な薬を決めていくケースもあるのです。

また薬剤師は服薬指導も行い、どのようなタイミングで薬を飲めばいいのかなどを患者さんに指導します。食前や食後、就寝前など服用する薬に合わせて飲む時間帯を伝えます。患者さんからの質問などにもきちんと答えられる知識も必要不可欠です。

薬剤師になる為にはどうしたら良いのか?

薬剤師になる為には医学系の大学に進学します。薬剤師として働く為には国家試験に合格することが必要になるので、その勉強や受験資格を得る為にも学校に通うのです。大学の薬学部か薬科大学で6年間学びます。6年間のカリキュラムをこなしたら国家試験の受験をするのです。

薬剤師のシニア求人は、ドラッグストアや調剤薬局、総合病院、製薬会社などで募集が行われており、定年退職者を対象としたものが目立ちます。