工場で働きたいけどきつい仕事はしたくないという場合の選び方


日勤と夜勤を交互にこなさないといけない所は避ける

あまりお金をもらえなくていいので、できるだけ楽に働きたいという人が工場の求人に応募しようという場合、複数の求人の中からどういったポイントで選べばいいのでしょうか。
まず、就業時間に着目してみましょう。朝から夕方までと働く時間が一つしかない求人ならいいですが、日勤と夜勤を交互にこなさないといけない職場だと相当きつくなります。日勤と夜勤の間隔は工場によって違いますが、二週間から一ヶ月程度であることが多いです。つまり、そのような短期間で生活リズムを完全に真逆にしないといけないので体力的にも精神的にもかなり負担がかかるのです。
また、求人情報に残業したときの時給が明記されている場合は、日常的に残業が行われる可能性があります。稼ぎたいのであればうってつけといえますが、楽に働きたいのであれば避けた方がいいでしょう。

年齢を二十代から三十代に限定している職場は体力重視

求人情報を常に出している職場も仕事がきつい、もしくは労働条件がよくない可能性がかなりあります。採用してもすぐにやめてしまう、あるいは求人を出しても皆敬遠してまったく人が集まらないから常に広告を出していると考えられるからです。
応募できる条件として二十代から三十代に限定している、あるいは「若い人が活躍している職場です」といったキャッチコピーが入っている場合は、重い物を運ぶといった体力が求められる可能性が高いです。
また、短期での募集の場合は、工場が一時的にフル稼働するために人員を増やすといったことが考えられ、やはり仕事はきつくなるかもしれません。

住み込みの求人とは、職場のすぐ近くか職場内に居住区があり、そこで生活しながら働ける人を求めることを指します。