工場で仕事をしたい!求人を探す際の注意点とは


非正規雇用なら求人は多い!

工場の仕事は、パートやアルバイトで探している場合は比較的見つけやすい傾向があります。これは、好景気のときは人手を増やして不景気になれば人手を減らせるように、会社が正規ではなく非正規で雇用したいと考えているためです。正社員で探しているのであれば、工場勤務は就職の難易度が上がります。正社員登用制度のある会社を探すのも良いでしょう。

向いている?向いていない?工場の仕事の特徴

工場の仕事は、基本的には単純作業の繰り返しとなり、勤務中に人と話をすることはあまりありません。人間関係が煩わしい人、淡々と仕事に取り組みたい人には向いていますが、毎日同じことばかりするのは苦痛に感じるという人には向いていません。工場によりますが、立ちっぱなしのところも多く、体力がないと辛い可能性もあります。工場の仕事を探す前に、自分に向いているかどうか今一度考えると良いでしょう。

求人を探すときはここに注意して!

仕事を探すときは、工場専門の求人サイトを活用するのがおすすめです。ハローワークやコンビニなどにおいてある求人誌に比べて、求人掲載数がはるかに多く、複数の選択肢の中からより自分に合ったところを選ぶことができます。

求人案件を探す際には、給与面での表記に注意しましょう。「月収例:30万円」「未経験でも25万円可能」といった魅力的な条件が書かれていることがあります。しかし、これは、フルに休日出勤や残業、夜間勤務をした場合の給与例であったり、体力的にかなり過酷であったりする可能性が高いでしょう。時給や基本給はいくらなのか、しっかり確認することが大切です。勤務時間や休日の日数などもチェックしましょう。

期間工とは寮に住み込み、工場で一定期間働く短期の派遣社員です。勤務先は主に自動車メーカーで、仕事は自動車の組み立てです。